Skip to: site menu | section menu | main content

English | 中文 | 한국어 | 日本語 | Tiếng Việt

モシス法律事務所

1988年からカナダの移民サービスを提供しています

Currently viewing: モシス法律事務所 » ホーム » 短期ビザ » 働く

就労許可証の申請

一般的な規則は申請者がカナダ以外のビサ大使館で就労許可証を処理されます。

だが、特別な例外もあります。卒業した後の就労許可証、就労許可証の延長、難民の申請、最初のステージを承認したカナダにいる配偶者のスポンサーシープ、ある就労許可証か就学許可証が持っている人の配偶者、特別な国際プログラムや交換プログラムで来た人、「Co-op」という勉強プログラムうを在籍している人(仕事は勉強の領域に関連しなくてはいけないけれども)、学校内でフルタイム勉強をしながら働いている人、博士を完成した学院者、研究賞をもらった人、有名人(色んな領域の専門家)、ゲスト講師、交流している教授、以上の種類はアルバータ省のべグレビルで処理しています。さらに、オープン就労許可証を発行されます。

2008年四月に卒業した後の就労許可証は変更されました。2008年四月二十一日前に、卒業した就労許可証の発行は会社に繋がっていました。だが、2008年四月二十一日にカナダ政府は「卒業した後の就労許可証によると、国際学生は完成したプログラムによって、仕事の制限も雇用の保証(就職の内定)はもう必要がないで三年までのオープン就労許可証をもらえる」と発表しました。以前に国際学生は場所によると一年か二年の就労許可証しかもらえませんでした。でも、カナダ政府の目標は融通性を強化するためにプログラムを広がって、国際学生に大切な実務経験を得させます。カナダの実務経験とカナダの社会について熟知することは卒業生にカナダで永住の条件を満足させると期待されています。

学術顧問、学術審査官、大学院生助手、自分でスポンサーする研究者のように働いている人たちは就労許可証が必要がありません。以上の種類は来訪者にとしてカナダに来られます。聖職者か宗教に関係ある仕事をしている人も来訪者にとしてカナダに来られます。

業種や職業によると、特別な基準を遵わなくてはいけない場合もあります。例えば、高校卒業証書か職業によると特定のトレーニングが必要な種類は学術、季節性の農業、映画とエンターテイメント、情報技術、住み込みの看護者、パイロットプロジェクトなどであります。

カナダの海外のビサポスト申請は資格がある会社から雇用の保証(就職の内定)をもらわなければいけません。仕事は需要な仕事であるべきです。会社はカナダ公民か永住民がその仕事ができないことかできたくないことと見せらなければならないです。申請者がビサポストに就労許可証を申し込み前に人事部は検証を承認しなければなりません。給料は市場の給料を合わせるべきです。しかし、人事部の承認はビサポストが就労許可証を承認することの保証ではないです。


いくらかの省には、需用な仕事は省政府のウェブサイトで書いてあります。さらに、いくらかの省には、特定の労働者を求人するために、特定のプログラムもあります。例えば、オンタリオ省で「CREWS」というプログラムは建設労働者を求人するために設立しました。他の省のプラグラムは収穫期に農地労働者をリクルートすることや石油ガスの労働者をリクルートするプラグラムなどとあります。

ケースによると、人事部の承認が必要ないで仕事自身は検証免除の場合もあります。その場合に、すぐ最も近くにあるビサポストで申し込んだほうがいいと思います。

移民マニュアル一覧表で検証免除の仕事を記入してあります。検証免除としてひとつの実例は聖職者であります。しかし、発行するビサは聖職者の仕事ができる観光ビサです。観光ビサでは特定な施設を書いてあります。

ある特定なプログラムは人事部の検証をバイパスすることができます。例えば、パソコンのソフトウェーアやアナリストが不足ので、特別なプログラムを成立ました。 というわけで、このプログラムは延長続けています。特定なプログラミング領域について二年や三年以上の経験を持って、雇用の保証(就職の内定)がある人は優先に就労許可書をもらえます。

組み込みシステムソフトウェーア設計者、ソフト製品開発者、MISソフトウェーア設計者、マルチメディア開発者、シニアアニメ効果編集者、ソフトウェーア開発者――サービス、情報通信ソフトウェーア設計者、以上の七種類はもっとも需要の仕事です。

要求される資格は次のリストで説明して差し上げます。

1.英語かフランス語でうまく仕事をできることは強制的なんです。

2.コンピュータサイエンスや他の関連付けている領域の学士か二年のコンピュータサイエンスや他の関連つけている領域のプログラムを完成することも強制的なんです。

3.卒業した後でその七種類の中の一種類の領域で二年以上の経験も強制的です。

4.移民局が指定された給料基準以上の給料を喜んで払うことが書いてある雇用の保証(就職の内定)は強制的です。指定された給料はたいてい三万五千ドールから四万までの初任給です。そして、経験によって増加します。

前の経験に関する特定な職務記述書の要求は非常に厳しいです。前の実務経験は職務記述書があることはとっても大切なんです。さらに、申請者の学歴は前に述べた七種類の一種類以上あわせることも需要なんです。そうしないと、申請者の申請は不許可になります。そして、人事技術開発部(HRSDC)の事前承認が必要なんです。事前承認は時間をかかります。会社は広告して、誰もその仕事を出かないことやできたくないことような証明が出さなければいけないです。その後で〇カナだ領事館に申し込んで処理します。

このプラグラムによると資格がある申請者の配偶者はよく特別な配偶者就労許可プログラムで就労許可証を申請することができます。

就労許可証の申請は送る場所によると承認をもらえる時間は異なります。たいてい二週間から八週間までかかります。別の職種と違って、雇用の保証(就職の内定)は人事技術開発部の事前承認が必要ありません。

このプログラムに申請することが興味を持つ人は資格がある移民弁護士と相談して、申請の機会について話したほうがいいと思います。


ケベック就学と就労許可証

ケベックの就学と就労許可証の申請の手続は他の省と異なります。

省の被任命者プラグラムを就労許可証

いくつかの省の被任命者プラグラム(PNP)は最初の審査を承認した後で就労許可証を発行します。そして、申請者は領事館の最終の審理を待ちながら、カナダで働きます。異なるPNPによって色んな規則があります。


最終的なご注意:

たくさんケースーは申請者が法律援助をもらわずに、一時的な査証を申し込みます。特に観光査証の場合が多くあります。しかし、もし一回カナダの移民局に断らせれば、二度と申請することはもっと難しいです。特に就学許可証と就労許可証。もし申請者は最も安全とリスクフリーの申請方法で申し込めば、カナダの移民局に断られる前に専門家の援助を求めたほうがいいです。ということは、申請の最初のときに専門家に相談すれば、問題を起こす機会も少なくなります。特に現在の移民官は一時的なビサについてもっと厳しい規則や法律を制定したり、ちゃんと規則や法律によると決断をしたりするので、一時的なビサの申請「観光ビサか就労許可」を成功させるために、法律意見を得るのは大切なんです。さらに、今の傾向は一時的なビサを断るほうが多いから、合格する移民弁護士にリスクやトラップについて相談することは需要です。いつものとおり、一時的なビサの申請者はビサを得る権利や就学と就労許可証を確保する事を守るために、正直で正当な法律意見をもらえた方がいいと思います。

詳しい情報はモシス事務所に連絡してください。

(現実のケースは複雑ので、行動をする前に法律や他の専門家に相談していただきたいです。本稿の作者は全力でこのデーターの正確性を確認したけど、本稿の内容を使ったら、どんな結果が出ても責任をとらないんです。ご了承してください。)