Skip to: site menu | section menu | main content

English | 中文 | 한국어 | 日本語 | Tiếng Việt

モシス法律事務所

1988年からカナダの移民サービスを提供しています

Currently viewing: モシス法律事務所 » ホーム » 短期ビザ » 学生

就学許可証の申請


カナダの公民と永住民以外の人はカナダで勉強をしたがれば、就学許可証が必要なんです。しかし、就学許可証を免除される状況もあります。六ヶ月以下の学術ではないコース(趣味か興味に関するプログラム)は就学許可証が免除されます。


就学許可証の申請者は勉強した後で本国を帰るつもりの証明が出さなければいけません。申請者は本国に繋がってる資金や資産の証明とカナダで余裕な生活ができるような資金の証明を見せていただきます。就学許可証を申請する前に信頼できる教育機構の授業料を払うことは申請者の真剣さを審査することの大切な一因であります。しかし、いくつかの教育機構は「もし授業料を払ったら、就学許可証がもらえます。だから、ご心配かけないでください。でも、就学許可証をもらえないなら、全然払い戻しない状況もあるし、何パーセントしか払い戻しない状況もある」と述べます。教育機構は申請者に「就学許可証が必要ありません」と伝える場合もあります。それから、就学許可証を持っていない申請者は後で自分はカナダの移民法律を違反してるとわかります。


就学許可証を持っている方がつれている子供はカナダで勉強をすることがしたがれば、就学許可証を申し込まなければいけないです。


2008年四月にカナダの政府がシステムをよりよいにするために用件を満たして卒業した留学生には就労許可証を提供されると就労コーナーでも書いてあります。


最終的なご注意:

たくさんケースーは申請者が法律援助をもらわず、一時的な査証を申し込みます。特に観光査証の場合が多くあります。しかし、もし一回カナダの移民局に断らせれば、二度と申請することはもっと難しいです。特に就学許可証と就労許可証。もし申請者は最も安全とリスクフリーの申請方法で申し込めば、カナダの移民局に断られる前に専門家の援助を求めたほうがいいです。ということは、申請の最初のときに専門家に相談すれば、問題を起こす機会も少なくなります。特に現在の移民官は一時的なビサについてもっと厳しい規則や法律を制定したり、ちゃんと規則や法律によると決断をしたりするので、一時的なビサの申請「観光ビサか就労許可」を成功させるために、法律意見を得るのは大切なんです。さらに、今の傾向は一時的なビサを断るほうが多いから、合格する移民弁護士にリスクやトラップについて相談することは需要です。いつものとおり、一時的なビサの申請者はビサを得る権利や就学と就労許可証を確保する事を守るために、正直で正当な法律意見をもらえた方がいいと思います。


(現実のケースは複雑ので、行動をする前に法律や他の専門家に相談していただきたいです。本稿の作者は全力でこのデーターの正確性を確認したけど、本稿の内容を使ったら、どんな結果が出ても責任をとらないんです。ご了承してください。)