Skip to: site menu | section menu | main content

English | 中文 | 한국어 | 日本語 | Tiếng Việt

モシス法律事務所

1988年からカナダの移民サービスを提供しています

Currently viewing: モシス法律事務所 » ホーム » 短期ビザ » 観光

観光ビサの申請


観光ビサを免除する国以外の国からカナダに来るつもり人はカナダに来た前に観光ビサを申請しておかなければなりません。観光ビサを免除する国からカナダに来る人は観光ビサが必要ありません。そして、永住民と公民も観光ビサを必要ありません。


観光ビサを得るためにもっとも直接で最初の方法は親戚から招待状を送っていただくことです。招待状の内容は親戚をカナダに遊びにくると誘って、カナダに在留期間に全てのお金、宿泊、衣装、健康や他の必要なものを提供すると書かなくてはいけません。そして、その招待状をサインするときは弁護士の前で誓わなければなりません。申請者は移民局に本国に帰るつもりの証明を出さなければいけません。具体的に本国の仕事、不動産、本国に住んでいる一親等、財務の安定性などの証明を出したら、移民局に申請者がカナダに不法在留するつもりがなくて、本国に帰るつもりことを信頼させる可能性がもっと高いです。


たくさん来訪者はカナダに来た後で移民を申請したがります。特定なケース以外、普通の移民申請はカナだ以外の領事館で処理しなければいけません。観光ビサから就学許可証と就労許可証に変更したがる人たちもカナだ以外の領事館に申請しなくてはいけません。過去、普通の状況というと、もうカナダにいる人はアメリカの領事館に移民を申し込みすることができましたけど、2002年六月にカナだの移民法律を変更しまいました。新しい法律によると、申請者は自分の本国を担当している領事館に申請しなくてはいけません。もし申請者は他の国に一年以上の在留することが合法的に認められるなら、申請者はその国で申し込まなくてはいけません。一年以上カナダで合法的な在留することが承認されてアメリカに合法的に行ける申請者はアメリカの領事館に申し込むことができます。移民局から面接のお知らせを所有しても、アメリカや他の国にある領事館に面接に合法的に行けることが保証できません。


観光ビサの中で一種類は商業の訪問と商業の機会を探索するための訪問であります。その種類に申請する人々はたいていカナダのビジネスからの招待状とカナダの旅程を見せらなくてはいけません。状況によると、申請者の国内のビジネスの大きさや財産の数量は十分で申請者は訪問しかしないでカナダに在留するつもりがないとカナダの移民局に納得させます。


ビサを申請するときに正確と真実の情報を報告することができないなら、ビサの拒否をことになるだけじゃなく、記録も残してしまいます。その記録は未来にカナダに入ることを非常に難しくします。


カナダのステータスがないカナダの公民や永住民の婚約者か配偶者は自分の配偶者か婚約者を訪問するために観光ビサを申請するときは申込書で述べることはご注意していただきたいんです。


移民局の一般的な規則は承認したスポンサー申請か基本的に承認したスポンサーシップの申請以外、申請者がカナダに入るつもり理由は一時的な目的だけではないから、ビサを拒否するべきです。申請者はカナダに入る前に自分の婚約者か配偶者はカナダにいると述べらなかったのに、カナダ人の婚約者か配偶者はスポンサーシップの申請には申請者がカナダに入った前から付き合ってきたことを書いてあることもあるです。その状況になると、移民部はビサの申請者は申し込んだときに本当のことを教えられなかったと判断します。さらに、スポンサーシップの申請を拒否する可能性が高くなると思います。


移民官は空港で観光ビサを持つ方がカナダに入るときに彼らにカナダが許可した在留期間を教えるべきです。もし許可在留期間を指定されないなら、一般的に六ヶ月まで在留することができます。


最終的なご注意:

たくさんケースーは申請者が法律援助をもらわずに、一時的な査証を申し込みます。特に観光査証の場合が多くあります。しかし、もし一回カナダの移民局に断らせれば、二度と申請することはもっと難しいです。特に就学許可証と就労許可証。もし申請者は最も安全とリスクフリーの申請方法で申し込めば、カナダの移民局に断られる前に専門家の援助を求めたほうがいいです。ということは、申請の最初のときに専門家に相談すれば、問題を起こす機会も少なくなります。特に現在の移民官は一時的なビサについてもっと厳しい規則や法律を制定したり、ちゃんと規則や法律によると決断をしたりするので、一時的なビサの申請「観光ビサか就労許可」を成功させるために、法律意見を得るのは大切なんです。さらに、今の傾向は一時的なビサを断るほうが多いから、合格する移民弁護士にリスクやトラップについて相談することは需要です。いつものとおり、一時的なビサの申請者はビサを得る権利や就学と就労許可証を確保する事を守るために、正直で正当な法律意見をもらえた方がいいと思います。

詳しい情報はモシス事務所に連絡してください。

(現実のケースは複雑ので、行動をする前に法律や他の専門家に相談していただきたいです。本稿の作者は全力でこのデーターの正確性を確認したけど、本稿の内容を使ったら、どんな結果が出ても責任をとらないんです。ご了承してください。)